読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッターに書ききれないことを書くところ

ツイッターに書ききれないことを書きます

海外で風邪をひくことと、そのBGMと、ファッキンでかいテレビジョンについて

f:id:sawasdeeclap:20170330134656j:plain

金曜日の朝から熱を出してしまい、せっかくの週末を無駄にしてしまった。こんなときフラットメイトの優しさを感じられて嬉しいが(半ば強引に勧められたブラジルの風邪薬だけがちょっと怖かった。僕は普段、風邪では薬を飲まないので)、夜になると彼らもみな遊びに行ってしまい、僕だけが部屋に残った。

風邪の時はずっと寝ているのが一番だと思うが、さすがに延々とは寝ていられず、目が覚めてしまう。この寂しさをどのように紛らわそうか、ということをぼんやり考えていた。

 

まずは出国前の4カ月くらい毎週聞いていたラジオ番組、「オードリーのオールナイトニッポン」をradikoで聴くことを試みる。すると、

This application program is released for use in Japan only and is not to be used in any other conuntry

海外では利用できないようだ。こちらへ来てから日本食を恋しいと思ったことはあまりないが、日本の書籍とラジオ番組は本当に恋しい。かといって、この番組をYouTubeで聴く気にはならない。著作権どうこうの問題もあるが、単純に音質が悪すぎる。
ところでネイティブ的に先の英語は違和感ないのだろうか、とは若干気になった。

 

仕方がないので、Spotifyを起動して音楽を流す。頭も少し痛むので、身体にやさしい音楽が嬉しい。

まずは古いロックを聴いてみることにした。目に入ったビーチ・ボーイズを流すも、数曲目でやけにバスドラがうるさい曲があり、頭にガンガン響いてしまった。ティンパニかというくらいガンガン響いた。本当にティンパニだったかもしれない。

次にクラシック。少し勉強しようと思っていた時期はあるものの、結局今でも聴いているのはピアノ曲、それもサティとドビュッシーばかりだ。チッコリーニという演奏家の、「サティ:ピアノ曲集」を流す。しかし一曲目の「ジムノペディ」の旋律で不安な気持ちになり、カードを合わせて現在の全所持金が140ユーロ台であるという不穏な事実に思い当ってしまった。

なんやかんやあって結局ヒップホップに落ち着いた。あんまりゴリゴリしてないやつ。Lick-Gの新譜を聴いた。とてもよかったです。そういえば出国前最後に見た映画は「トレインスポッティング」だった。Choose life, choose a fuckin' big television。

 

というわけで、風邪をひいたときに聴きたいアーティスト第一位(暫定)はLick-Gです。ところでこちらは既にサーフィンの季節みたいだ。果たして。

音楽:Hollyview - Lick-G